ニュース

野中仁の顔画像や動機などを徹底調査、佐賀県鹿島市で医師会事務局長が放火事件

ニュース

5日午後6時から6日午前9時までの間に佐賀県鹿島市で倉庫に火をつけたとして鹿島藤津地区医師会の事務局長の野中仁(のなかひとし)57歳が 非現住建造物等放火などの疑いで7日に逮捕された。自身が所属する医師会の倉庫に放火した野中仁について、顔画像や動機などを徹底調査

野中仁(のなかひとし)の起こした事件概要

  • 佐賀県鹿島市で5日午後6時から6日午前9時までの間で倉庫が放火される
  • 6日の朝、倉庫に入った人が焼け焦げた跡があることに気付いて消防に通報
  • 7日鹿島藤津地区医師会の事務局長の野中仁(のなかひとし)が逮捕された
  • 容疑は非現住建造物等放火などの疑い
  • 灯油をまき、ライターで紙に火をつけ放置するなどした疑い
  • 放火された倉庫は野中仁(のなかひとし)が所属する医師会の倉庫
  • 倉庫は床や壁、棚などが燃えましたが、中に人はおらず、けが人はいない
  • 野中容疑者は「火をつけたことは間違いない」と容疑を認めている

自身が所属する医師会の倉庫に火をつけるなんて、何かが溜まっていたんでしょうか。
灯油やライター紙を用意しているということは、かなり計画的な犯行の可能性もありますね。

何はともあれ、けが人がいないのはよかったですね。

逮捕の報道

出典:NHK

鹿島藤津地区医師会の現場の様子など

放火があったと思われる倉庫

出典:九州朝日放送

現場の場所

野中仁(のなかひとし)のプロフィール

  • 名前:野中仁(のなかひとし)
  • 年齢:57歳
  • 職業:医師会の事務局長

野中仁(のなかひとし)の顔画像は?FacebookやTwitterなどを調査

SNSアカウントを「野中仁」「のなかひとし」「nonaka hitoshi」で検索
Facebookアカウントを調査

アカウントがみつかりませんでした。

Twitterアカウントも調べました

12個アカウントはみつかりましたが、本人と特定できるアカウントが見つかりませんでした。
Instagramもアカウントは見つかりませんでした。

57歳という年齢を考えれば、SNSをやっていない可能性の方が高そうです。
報道等で確認出来次第追記します。

野中仁(のなかひとし)の事件を起こした動機は?

まず、倉庫と言う場所を選んでいることから、殺人や人を傷つける目的ではなさそうです。
鹿島藤津地区医師会の事務局長ということは誰かに対して恨みを晴らしたいとは考えにくいですし、
自分の所属する医師会の倉庫で放火というのは愉快犯もは考えにくいです。

そうなると考えられるのは、何かの証拠を隠滅したかったという動機
倉庫には医師会の書類などが保管してあったということらしいのこの線が強いですね。

放火までして何を隠蔽したかったんでしょうね、その内容についてはこれから警察がしっかりと操作してくれるでしょう。
今の医療が大変で忙しく人でもいない時に何をしてるんでしょう、こういう人には厳しい罰を与えて欲しいです。

野中仁(のなかひとし)の初公判が行われました 12/8追記

ことし10月、鹿島市の医師会の倉庫に火をつけて壁などを焼損させたとして、放火などの罪に問われている50代の元事務局長の初公判が8日佐賀地方裁判所で開かれ、元事務局長は起訴された内容を認めました。

鹿島藤津地区医師会の元事務局長、野中仁被告(58)は、ことし10月、鹿島市高津原の医師会の倉庫に火を放ち、倉庫を焼損させたなどとして非現住建造物等放火などの罪に問われています。8日佐賀地方裁判所で開かれた初公判で、野中元事務局長は「間違いありません」と述べて、起訴された内容を認めました。
検察は冒頭陳述などで、野中元事務局長が医師会で勤務時間外の給与を不正に請求していたことや、架空の支出の書類を作成するなどして医師会の金を横領していたことなどを指摘しました。

そして、「不正受給が医師会側に知られ懲戒解雇の通知を受けたことで、横領行為も明るみに出ることをおそれ、支出に関する書類を燃やすために犯行に及んだ」と指摘しました。
続いて検察は「入念な準備で犯行に及んでいて、周辺の建物への延焼の危険性もあった。動機も、自らの不正を隠蔽するためという身勝手極まりないものだ」などとして、懲役3年を求刑しました。
一方、弁護側は「建物への大きな被害はなく、被告は十分に反省していて被害弁償の意思もある」などと主張し、執行猶予のついた判決を求めました。
裁判は8日で結審し、判決は来月12日に言い渡される予定です。

野中仁の顔

不正受給で懲戒解雇をうけて、横領バレそうだから放火
横領した金も妻のみやげ屋に補填。
夫婦そろってクズですね。

野中ひとしの判決が出ました 1/12追記

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
裁判長は、「不正を隠すためだった」と指摘しました。
野中仁
自分が事務局長を務める医師会の倉庫に放火したとして起訴された男に、佐賀地裁は懲役3年、執行猶予4年の判決を言い渡しました。
野中仁
判決によりますと、佐賀県鹿島藤津地区医師会の事務局長だった野中仁被告は、去年10月、医師会の倉庫に火をつけ、中にあった書類や倉庫の壁を燃やしました。
野中仁野中仁
これまでの裁判で、検察側は「医師会の金を横領していたことが発覚するのをおそれた」と主張。
野中仁
佐賀地裁の今泉裕登裁判長も12日、この主張に沿って「不正の証拠を隠す、身勝手で短絡的な動機」と指摘し、懲役3年、執行猶予4年の判決を言い渡しました。
野中仁
野中被告は、事件が起きる前に時間外手当の不正な請求をめぐって、医師会から懲戒解雇を告げられており、火をつけたのは退職日の10日前のことでした。
野中仁

コメント