ニュース

吉本潤(よしもとじゅん)の顔画像,住所はどこ?冤罪生み人の人生を踏みにじる外道

ニュース

北海道警は12日、交通機動隊の警部補吉本潤(よしもとじゅん)容疑者(58)を証拠偽造と虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで逮捕した。
吉本容疑者は昨年8月~今年5月、パトカー搭載のレーザー装置で速度データを測る際、本来の手法ではなく、速度超過データを偽造し上司に提出した疑い。吉本潤の顔画像や住所を調査

出典:NHK

吉本潤が起こした事件の概要

出典:NHK

  • 道警交通機動隊に所属する警部補の吉本潤(よしもとじゅん)容疑者(58)の警部補が去年8月からことし5月にかけての交通違反取り締まりで速度データをねつ造していた
  • 証拠偽造や虚偽有印公文書作成などの疑いで逮捕
  • 警部補が取り締まった47件のデータのねつ造が確認され、道警は取り締まりを受けたドライバーに謝罪した上で違反点数を取り消し、違反金の返還を進めている
  • 本来、速度の計測は停車したパトカーからレーザーを照射して行うが、スピード違反と判定されなかったにもかかわらず、パトカーを走行させながらレーザーを電柱などに照射してうその速度データをねつ造していた
  • 警部補は容疑を認めている
  • 締まりに同行していた部下3人からも話を聞くなどして詳しい状況を調べている

47件も無罪の人を冤罪で違反切符をきっているとは許しがたいですね。
点数減点、罰金のみで済んでいるならまだましで、人生変わってしまった人もいるかもしれません。
そういう人がいたら、道警はどうするんでしょうね?本当に腹が立つ事件です。

吉本潤(よしもとじゅん)の顔画像は?FacebookやTwitterを調査

Facebookのアカウントを「吉本 潤」,「よしもと じゅん」,「Yoshimoto jun」で検索

アカウントは見つかりませんでした。

Twitterもアカウントを調べました。

5子見つかりましたが、容疑者と断定できるアカウントはありませんでした。

今後も報道やネット掲示板などを調べていきます。
わかり次第追記します。

吉本潤(よしもとじゅん)のプロフィール

  • 名前:吉本潤(よしもとじゅん)
  • 年齢:58歳
  • 職業:警察官
  • 住所:北海道恵庭市(ほっかいどうえにわし)

恵庭市(えにわし)は、北海道中部(道央地方)に位置している市。
札幌も近く、千歳空港にも近い人気の市、サッポロビール北海道工場など企業も多く活動している。
近くに支笏洞爺国立公園があり、自然も豊かな土地。

吉本潤(よしもとじゅん)の事件を起こした動機は?

あと数年で定年という立場、どうして悪事をやらなければならなかったのか?
一番可能性が高いのが、検挙数の目標やノルマの存在。

ノルマや検挙数目標がなければ、警部補個人はこの捏造してもなんの特にもなりません。
愉快犯という考えもなくいはないですが、部下3人も黙認している事からノルマがあってそれを消化するために犯行に及んだというのが動機でしょう。

こういったノルマがある事は道警は公表していません。
警察の信頼の根本を揺るがすことになるので、できるはずもありません。
しかし、このような事件からノルマがあることは確実です。
反則金のノルマなどは悪でしかなく冤罪を生みかねない要因です。
警察もこういった悪習は辞めて、市民のためになるような警察であって欲しいです。

吉本潤(よしもとじゅん)の余罪は?

出典:NHK

今回47件も捏造があったと報道されていますが、正直もっとあったでしょ?と疑わざる終えません。
吉本潤(よしもとじゅん)容疑者は58歳です。
長年道警で働いてきたのでしょう、その長年働いていて毎年ノルマをこなしていたとしたら?
数えきれないほどの冤罪を産んできたのでは?と思ってしまいます。

47件も犯行におよんでいる時点で罪悪感なんてないでしょ、
人がどうなろうと知ったこっちゃない思考になっています。
皆んなから信頼を得ないといけない警察官がこの思考なのは怒りを通り越して、哀れに思えます。

今回の事件は氷山の一角

こんかい吉本潤(よしもとじゅん)容疑者意外にも、部下3人が関わっています。
部下もノルマをこなすために同じような事をしていると思われても仕方ないですよね?

こういった事をしているのは吉本潤(よしもとじゅん)容疑者だけではなく
他の警察官もバレていないだけで犯行に及んでいる可能性が高いので調べて欲しいですが、
身内捜査は残念ながら無理でしょうね。

吉本潤(よしもとじゅん)の起こした罪はどのくらいの罪なの?

  • 公文書偽造等
    有印公文書の場合1年以上10年以下の懲役(刑法155条1項)
  • 証拠偽造
    2年以下の懲役、または20万円以下の罰金です 第104条(証拠隠滅等)

意外と軽そうですが、
これが捏造した人数分の罰がくだされるなら重いんですが、
今までの判例を見る限り、そこまでは行かないんじゃないかなと思います。

吉本潤(よしもとじゅん)の処分はどうなる?

高田重栄(しげよし)・道警監察官室長は「厳正に処分する」とコメントしている。

と道警の偉い人がコメントしていますが。
懲戒処分にはならなく、依願退職で退職金も満額でると予想します。

警察は内部にはものすごく甘い組織です。
こんなに多くの人の人生に影響がある事を起こしておきながら、顔画像すらまったくでてきません。
一般の人が何か事件を起こしたら、すぐに顔画像、住所、会社などなどすぐ出てくるんですけどね。

10/31 追記

北海道警交通機動隊の警部補が交通違反の取り締まりで車の速度記録を捏造したとして逮捕された事件で、道警が、警部補と不正な取り締まりを行ったとして証拠偽造と虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、同隊の部下3人を書類送検していたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。

3人は、警部補で同隊小隊長の吉本潤容疑者(58)=証拠偽造の疑いなどで逮捕=と共謀し、パトカーで車両を追跡中に電柱などの静止物にレーザーを照射して測定した値を車の速度として記入し記録用紙を偽造、上司に書類を提出するなどして取り締まりを行った疑いが持たれている。

チームぐるみで犯行を行ってたわけですね。

直接収入が無くとも、検挙の成績で実績となり間接的に収入に反映される事を考えると、
警察官の服装しその職務を利用した立派な詐欺行為で断じて許してはいけない。
こんな事をされたのでは、市民はたまったものではない。
警官に逆える人なんていませんしね。

11/3追記

道警は2日、スピード違反の取り締まりで不正をして測定結果を偽造したなどとして、交通機動隊警部補の吉本潤容疑者(58)=証拠偽造容疑などで逮捕=を同日付で懲戒免職とした。
パトカーに同乗していたいずれも30代の男性巡査長3人のうち1人を減給6カ月、残る2人を戒告。さらに、昨年9月には不正を知りながら報告を怠ったとして、吉本容疑者の上司にあたる50代の男性警部を減給6カ月とした。このほか上司などにあたる警視、警部、警部補ら5人についても上司に報告する義務を果たさなかったとして本部長訓戒などとした。
道警監察官室によると、吉本容疑者らは昨年8月~今年5月、速度の測定結果を捏造(ねつぞう)するなどした。吉本容疑者は計47回不正な取り締まりをしていた。道警はこのうち10回分について吉本容疑者を逮捕し、共犯容疑で部下3人を書類送検した。
 吉本容疑者らの不正行為とは別に、故意ではないものの7件の誤った取り締まりが判明し、道警は違反点数の取り消しなどを進めているという。
札幌地検は2日、吉本容疑者を起訴し、部下3人を不起訴処分(起訴猶予)とした。

主導していたとされる吉本潤は懲戒免職になりました。
これで退職金の全部又は一部を支給しない判断が下る可能性が出てきました。
長年働いてきた功績を自分自身で無駄にしちゃいましたね。

数十年働いてきて47回しか不正をしていないとは信じられないですが、
道警の信用や、市民の信頼を失ったことは大きいので、厳正に判断されることを望みます。

これで、一通り関わった人+監督責任の人たちが処分されたことになります。
知っていて言わなかった警察官の訓告とか戒告とかは、何も処分なしと同じとか疑問が浮かぶ処分ではありますが、今後はこのようなことは起こすことがなく、市民に信頼される警察であることを願います。

コメント